ニジマスの生態

フライ・ルアーで釣れる魚図鑑  TOP フライフィシング水生昆虫図鑑

水生昆虫とフライフィシングで釣れる魚の種類や生態を写真で紹介しています。

 
【 別 名 】 レイボウトラウト
【   科 】 サケ科
【 原 産 】 北アメリカ大陸、カムチャッカ
【 移 植 】 明治10年ごろ日本に移植された。現在は養殖が進み放流されている。
【 最 長 】 50p〜1m
【 生息地域 】 北海道〜本州
【 生息流域 】 上流・山上湖・山上ダム、サケ、マスの仲間では最も高水温に耐える(24度)
【 食 餌 】 雑食性・小魚・川虫・昆虫・ミミズ
【 生 態 】 冷水を好み湖では水温の低い季節は浅瀬にも来ますが、暑い季節になると水温の低い深場に移動します。
アメリカやカナダのスチールヘッドはニジマスの降海型である。
【 フライ 】ドライ・ウエット・ニンフ・ストリーマー
湖では解禁当初の早春は岸辺に寄ってきているので岸から立ちこんでも釣る事ができます。やがて暖かい季節になると深場へと 移動していきますのでボートでの釣りが主になります。ボートでの釣りは回遊を待っての釣りか魚探で探しての釣りになります。
ニジマスは群れで回遊するので魚短があれば有利です。早朝や夕方に昆虫も捕食していますが、ワカサギやヤマベなど小魚を主に捕らえて食べています。 湖でのフライはストリーマーかライズを見つけてのドライフライやウエットフライの釣りになります。 河川の上流域も放流されていますがニジマスは季節に関係なく深場の中層を好む生息域です。
そのためフライを沈めるニンフかストリーマーの釣りが主流になります。好きなカラーは赤、緑、蛍光ピンク系です。


フライ・ルアーで釣れる魚図鑑  TOP フライフィシング水生昆虫図鑑