ハスの生態

フライ・ルアーで釣れる魚図鑑  TOP フライフィッシング水生昆虫図鑑

水生昆虫とフライフィシングで釣れる魚の種類や生態を写真で紹介しています。

 
【   科 】  コイ科ハス属
【 原 産 】  日本琵琶湖、淀川など
【 体 形 】  オイカワのオスを大型化したような形をしている。体は細長く、口は大きくへの字型。
【 最 長 】  30p
【 分 布 】  移植により各地にいるが、東北、北海道、沖縄にはいない。
【 生息流域 】 河川の下流域、夏は湖沼岸の表層付近にいるが冬は中層以下の深場に移動する。
【 食 餌 】  肉食性で主に親は小魚を食している。他に川虫・昆虫・ミミズ
【 水 温 】  温水
【 産 卵 】 5〜8月 暖かい季節になると川をさかのぼって産卵する。
・ 温かい季節には湖の表層で小魚を追っているが、 冬季は深い底に移動する。
・ 夏は川をさかのぼって産卵する。
・ 群れをなして遊泳している。 ・ 小魚は群れで浅瀬の岸に追い込み襲うコイ科の淡水魚として唯一魚食性である。
【 フライ 】ストリーマー
ハスが生息している湖やダムがあればハス釣りが楽しめます。 ハスは湖の岸付近の水草があるところに多く生息し昆虫や小魚を 追いかけています。ハスの口はサケのオスの口のように鷲のくちばしのような形をしています。 湖面で群れているとヤマベの群れと間違いやすいですがよく湖面を 観察すると魚体が大きいので区別することができます。普通は20から30センチ程度です。 群れで小魚を追いかけているので小魚がよく飛び跳ねています。 早朝か夕方小魚を追っている時間帯に2cmほどの小型のストリーマーで鋭く小刻みにリトリーブして狙います。 ゆっくりした動きでは見破られてしまいます。色は白系によく反応します。ほとんど岸近くにいるので 岸からの釣りになります。引きが結構強いので楽しめます。
【 釣 地 】
滋賀県  --- 琵琶湖,淀川、大和川
神奈川県 --- 津久井湖
福井県  --- 三方湖
その他  --- 木曽川、長良川、大和川、利根川


フライ・ルアーで釣れる魚図鑑  TOP フライフィッシング水生昆虫図鑑