水生昆虫の観察記録3

 TOP フライフィッシング水生昆虫図鑑

水生昆虫のカゲロウ、カワゲラ、トビケラ、ユスリカの種類や生態を写真で紹介しています。

ニンフの羽化
カゲロウの幼虫は成長するにしたがい少しずつ背に羽が形成されていきます。
下の写真は羽化が近づいた幼虫の羽のケースの色の違いを写したものです。
左の幼虫はケースの色が黒くなっており、羽化が近づいています。
左の幼虫はまだケースが白っぽく羽化はまだ先です。



同種の色の違い 1
カゲロウは同種でも色が違うのがけっこういます。 幼虫もそうですが亜成虫と成虫でも違うのがいます。
観察はじめの頃は違う種なのかなと思っていたのですが、やがて
同じ種でただ体色が違うのがいることがわかってきました。
下の写真はカゲロウの代表的なエルモンヒラタカゲロウオスの成虫ですが
目の色の違いが確認できると思います。左は黒く、右の成虫は白い色の
複眼をしています。複眼の色は成長期によっても違い、羽化した時に黒く
成虫になって白くなるものやそのまま黒いものもいます。
黒い複眼で羽化してくるものや白い複眼で羽化するものの2種がいます。
同種での体色の違いは種の判別を難しくしています。



 TOP フライフィッシング水生昆虫図鑑