早春のポイント

フライフィシング入門  TOP フライフィッシング水生昆虫図鑑

フライフィシングと水生昆虫のカゲロウなどの種類や生態を写真で紹介しています。

<早春は渓流の支流を釣ろう>
上流域で流量が多く水温が低い渓流はフライフィッシングにはまだ難しい季節です。 そのような所で苦戦するよりは早春でも水温が高くなる流れの緩やかな支流をねらいましょう。 支流でも放流量の多い川があります。また自分がフライフィッシングのフィールドに している区域でできるだけ早春でも流れが緩やかで水温が高くなるフィールドを 狙いましょう。そのような場所なら昼から午後にはライズみられ早春から ドライフライが楽しめます。



<早春は里川が狙い目>
3月解禁の季節は早春といっても関東でもまだ上流域では冬です。 高い山々や日陰の谷にはまだ残雪が残っており、そのために水温が かなり低いのです。水温は3〜5度位。フライフィッシング にとっては厳しい条件にあります。そのような条件の上流域の釣りは 温かくなる4月〜5月以降にねらうようにし、それまでは民家近くの 里川が面白い。小さな川でも結構放流している川があり、あまり知られていない ためか魚が結構遊泳しているのを見ることが出来ます。ヤマメが中心になりますが 温かい日中にはライズも見られる。そのため早春からドライフライが楽しめるのです。 羽化している昆虫はユスリカが中心ですが川によってはウスバガガンボが羽化しています。 民家の間を流れる里川は流れもゆるやかでフラットな水面の所が多いので魚を確認 しやすい反面釣り人の姿を魚に気づかれやすく特にヤマメは敏感で神経質なので 音を立てないように近づき背を低くしながらのキャストになります。魚がどこにいるか 確認してからキャストをしたい気持ちに成りますがそれをすると必ずこちらの存在が 知られてしまうので魚がいることを想定して常にフライにアタックしてくる心構えでキャストを繰り返していきましょう。 里川の良い点は早春の時期から水温が高くなることと、林などが少なく川原があるため キャストしやすい点にあります。



<早春は放流した淵や湖では湾がポイント>
重要なことであるが解禁当初のまだ水温が低い時期は放流した場所からほとんど魚が移動しないことです。 そのために比較的水温が高くなりやすい深場に魚が集まっているのです。 それは川の上流域や湖でもいえることで、水温の低い季節は放流する淵や湖では湾が狙い場所なのです。 またその年にもよりますが温暖な冬で早春でも魚の活性が 高い湖ではかなりフライにアタックしてきますが、水温が低い年には魚の活性が低いので難しい 釣りになります。フライのサイズは一段小さめにし、フックは細めにし、誘いのアクションは 遅めに、短めにしましょう。



フライフィシング入門  TOP フライフィッシング水生昆虫図鑑