キャスティング

フライフィシング入門  TOP フライフィッシング水生昆虫図鑑

フライフィシングと水生昆虫のカゲロウなどの種類や生態を写真で紹介しています。


フライフィッシングにとってキャスティングのテクニックは大切である。キャスティングが上手でないと現場で色々な トラブルに悩まされる釣りを楽しむまでにいかない。気持ちよく釣りをするためにはある程度のテクニックは身に着ける 必要がある。テクニックの中でロングキャストがあるが、遠くまで飛ばせるロングキャストは湖での釣りをメーンとする 場合では大切で有利であるが、渓流をメーンとする場合は日本の河川はそれほど広くないので必要とされない。 それよりもポイントへの正確なキャストの方が必要とされる。渓流では魚によってどの辺にいるかはある程度 決まっているのでそのポイントに正確にキャストすることが大切になってくる。フライでの釣りはどの魚を 狙うにしても一発勝負の釣りである。最初のキャストでしとめられなければその後何回キャストしても ほとんど成功しない。最初のキャストで魚に警戒心が生じてしまうためである。 最初のキャストでしとめるためにも正確なキャストのテクニックは大切である。 そのテクニックの中にポイントに正確にフライをキャストするだけでなく、フライから先に着水 させることが最も重要なテクニックとなる。とくにヤマメのドライフライ釣りの場合はフライが着水する前から 魚はフライを視認しているので着水と同時にアタックしてきます。それがフライラインやリーダーやティペットから 先に水面をたたいてしまうと瞬間に警戒心が生まれフッキング率が落ちてしまいます。 同じ渓流でもこれらのテクニックの違いで釣果に大きな差がでてしまうのです。 私自身はキャスティングが上手い方ではない。きれいにキャストする上手なフライマンをみると もっと練習しなければと思うがなかなかできない。 でもキャスティングの大切なポイントさえできていれば楽しい釣りができるのである。


フライフィシング入門  TOP フライフィッシング水生昆虫図鑑