アプローチは成功のポイント

フライフィシング入門  TOP フライフィッシング水生昆虫図鑑

フライフィシングと水生昆虫のカゲロウなどの種類や生態を写真で紹介しています。


瀬はアップストリームでアプローチしよう
瀬は波立っているので釣り人に圧倒的に有利な場所です。魚達は波立っている ために人影も見分けにくく、波音のため足音も聞き分けにくいのです。 それだけこちらの存在を知られることなくアプローチできるのです。 魚は上流を向いてエサを待っているので上流からアプローチするのは 人の存在を感知されやすく警戒されてしまいます。 下流からのアップストリームでアプローチすることが有利なことは 他にもあります。それはフッキング率がかなり高いということです。 魚は上流を向いて泳いでいるので下流から合わせるとちょうど唇に フッキングする形になります。逆に上流からアプローチするとフライに 反応しても合わせるとフライが口からすっぽ抜ける形になり 非常にフッキング率が低くなります。


暖流の広い川ならクロスストリームかダウンクロスストリーム
暖流で釣りをやると瀬のように簡単には釣ることができません 釣り人の存在が遠くから感知されやすいためです。 広々とした場所なので遠くからでも人の影を見ることができますし、 小さな足音でもすぐに魚たちは逃げていってしまいます。
このような場所でのアプローチは非常に神経を使う必要があります。 こちらの存在をできるだけ知られないために背を低くして近づく、 足音を立てない、できるだけ川の中に入らない、そのために遠くから アプローチする等です。でもこのような場所で下流からアップストリーム でアプローチするとほとんどキャストしただけで魚は逃げていってしまいます。 ラインとリーダー、ティペットなどが魚に見えているためです。 このような場所でラインやリーダーの存在を隠すためにはクロスストリーム かダウンクロスストリームが有利です。ラインをコントロールして ラインやリーダーよりも先にフライが流れるようにアプローチするのです。 そうすれば警戒していない魚はフライに反応してくるのです。 いずれにしても広い暖流での釣りは難しく、朝か夕方のまずめ時がねらい目の場所です。


フライフィシング入門  TOP フライフィッシング水生昆虫図鑑